AndEngine で ClipEntity を実装する

 拙作アプリ「形か色をタップせよ!」の中で、メニューから「遊び方」ボタンを押すと
device-2014-08-16-234348
このような画面となります。
 開いたダイアログボックスの中で、遊び方を説明している画像がスワイプによって次の画像に切り替わるようになっています。ダイアログボックス内で画像がスライドして切り替わります。えぇい説明が面倒だわい。インストールして見てください。見終わったらアンインストールしていただいて結構です。
 
 この処理は ClipEntity を使っています。

			// ダイアログより少し小さめの ClipEntity を作る
			ClipEntity clipEntity = new ClipEntity(x, y, width, height);
			// ダイアログ内に配置
			clipEntity.setPosition(px, py);
			dialogEntity.attachChild(clipEntity);

			// 説明画像を貼り付ける幅広の Entity。
			Entity entity = new Entity(width + width/2, height/2, width*3, height){
				float startX;
				@Override
				public boolean onAreaTouched(final TouchEvent pAreaTouchEvent, final float x, final float y){
					if(pAreaTouchEvent.getAction() == TouchEvent.ACTION_DOWN){
						startX = x;
					}
					else if(pAreaTouchEvent.getAction() == TouchEvent.ACTION_MOVE){
					}
					else if(pAreaTouchEvent.getAction() == TouchEvent.ACTION_UP){
						float moveX = x - startX;
						float time = 0.5f;
						float curX = this.getX();
						// 左方向にスワイプしたら、次の画像に MoveXModifier で移動
						if(curX > width/2 - width && moveX < 0){
							index++; // 別の箇所で定義済み
							addressSprite.setCurrentTileIndex(index);
							MoveXModifier moveModifier = new MoveXModifier(time, curX, curX - width, EaseCircularOut.getInstance());
							moveModifier.setAutoUnregisterWhenFinished(true);
							this.registerEntityModifier(moveModifier);
						}
						// 右方向にスワイプしたら、前の画像に MoveXModifier で移動
						else if(curX < width/2 + width && moveX > 0){
							index--;
							addressSprite.setCurrentTileIndex(index);
							MoveXModifier moveModifier = new MoveXModifier(time, curX, curX + width, EaseCircularOut.getInstance());
							moveModifier.setAutoUnregisterWhenFinished(true);
							this.registerEntityModifier(moveModifier);
						}
					}
					return true;
				}
			};
			// 3枚の画像を entity に貼り付ける
			Sprite e01 = new Sprite(width/2, height/2, resourcesManager.e01_region, vbom);
			entity.attachChild(e01);
			Sprite e02 = new Sprite(width/2 + width, height/2, resourcesManager.e02_region, vbom);
			entity.attachChild(e02);
			Sprite e03 = new Sprite(width/2 + width + width, height/2, resourcesManager.e03_region, vbom);
			entity.attachChild(e03);
			// entity を clipEntity に貼り付ける
			clipEntity.attachChild(entity);
			// entity のタッチイベント取得は hud に登録
			hud.registerTouchArea(entity);

 指にくっついてくるヌルヌルとした動きではないのですが、簡易なページめくりでよいなら、ぜひ活用してください。
 適当な画像3枚を用意して、以前掲載したサンプルプロジェクトに実装して確かめてみるとよいかも知れません。