AndEngineで9パッチを使う(簡単)

 9パッチは自前で実装しても大したこたぁないやと、録に調べずに自前コードを書いていたのですが、AndEngine では2行で書けることを発見。ショック。

	NineSliceSprite dialogSprite = new NineSliceSprite(pX, pY, pWidth, pHeight, pTextureRegion, pInsetLeft, pInsetTop, pInsetRight, pInsetBottom, pVertexBufferObjectManager);
	this.attachChild(dialogSprite);

 Android 純正と違って、用いる画像の周囲に透過部分を入れなくても、拡張子も.9.png にしなくてもよいらしい。
 早く気付くべきだった。
 
 
 今作っている「撮影した画像をスライドパズル化するアプリ」で、カメラの設定がどうやっても横向きにしかならない。縦にしようとするとプレビュー画面が細長くなってしまう。
 でも、このアプリはどうしても縦向きにしたいのです(いや「どうしても」という程ではないのですが・・)。
 
 そこで、カメラ画面以外はダミーの Entity に貼り付けて270度回転させて表示するといった回りくどいことやっています。
 もう、座標系がぐるぐる回って訳わからん・・。上記の9パッチも縦画面の中、横に開いたりしてびっくりものです。