AndEngineのサンプルプロジェクト(まとめ)

 お約束のプロジェクトアーカイブは、こちら からどうぞ。zip ファイルであります。
 AndEngine のライブラリ参照は切ってあるので、適宜設定してください。
 
 これらのクラスは、イギリス在住の Matim さんのページ(19歳でエライねぇ)を参考にさせて(否、丸写しか・・)もらったものです。
 
 サンプルプログラムは、スプライト表示のみの機能しかないので、あっさりしたコードです。じっくり読んで追いかければ処理の流れはわかるかと思います。
 その上で、上記サイト等を参考にコードを追加していけば、簡単なゲーム位はすぐ出来るはずです。
 
 ぜひ、参考にしてみてください。
 
 
 
 
 
 これで、サンプルの紹介は終わりにしようと思ったのですが、(その1)で『タッチ制御のプログラムを抜書きしても「全体がわからないから使いどころがわからない」というご意見もあるかもしれないと思ったので、サンプルプロジェクトを作ってみました。』と書いておいて、タッチ制御を入れないのもなんだかな・・、上でも『簡単なゲーム位はすぐ出来るはずです。』とも書いているし・・、簡単にタッチ制御のコードを追加してみようかと思った次第。
 
 次回「AndEngineのサンプルプロジェクトにピンチズームとスクロールを実装する」です。タイトル長いな。